« 帰省 | トップページ | 8月のDVD鑑賞 »

2011年8月18日 (木)

帰省しよう!

 ども!「一度はやってみたい」けど「二度はやらなくていいや」ってことあるよねででんです!<挨拶

 盆と正月は必ず帰省するようにしている私ですが、今年はどうにも仕事が忙しくて帰省できない……予定でした。
 それが、お盆直前になって急にスケジュールに余裕が出来てしまい、
「これは帰らねば!」
 と意気込んでみたものの、時すでに遅く飛行機も新幹線もチケットはとうに売り切れ。実家は北海道の片田舎なので、飛行機も新幹線も無理となるとさすがに帰れない……。

そうだ! 東京から北海道まで、鈍行列車を乗りついで行こう!

 思い立ったが吉日。
 チケットも何も予約しないまま、突発北海道帰省旅行の開始です。

①帰る手段を考えよう!
 東京から北海道まで鈍行だとどれくらい時間がかかるのか。とりあえずネットで乗換案内を検索してみました。
 最寄り駅が池袋だとして、私の地元は北海道の北見なので……。

料金:片道22,020円
乗り換え回数:20回
所要時間:61時間42分

 ……ないな。ないない。

 全部鈍行は無茶でした。新幹線以外の急行・特急を利用することにして、路線を検索しなおしです。

料金:片道25,240円
乗り換え回数:11回
所要時間:28時間0分

 28時間……これならなんとかなりそうな気がする。(え
 青森でカプセルホテルに一泊するか(なければファミレスで完徹するか)、あるいは上手く座席が取れれば夜行列車の「急行はまなす」で寝ている間に青函トンネルを抜けることも……。
 おっ? ちょっと現実味が出てきたぞ。

 ②チケットを買おう!
 ここで、旅費を節約するために、私はアレを買う決心をしました。そう、アレです!

青春18きっぷ

 全国のJR線普通列車が1日乗り放題のお得な切符です。
 5回分セットで11,500円。余った分を金券ショップで売れば、実質半額程度になる計算です。
 問題は、この切符では特急に乗れないこと。それと私鉄にも乗れないので盛岡―青森間の「IGRいわて銀河鉄道」「青い森鉄道(特例あり)」が使えず遠回りになること。青函トンネルを通るのも制約があるっぽいし……。

 こうしてみると、初心者が遠出するにはハードルの高い切符かもしれない。

 だけど、この割安感は捨てがたい。
 青春18きっぷのように「JR線を1日乗り放題で、特急や盛岡―青森間の私鉄にも乗れる切符」があればいいのに……と思っていたら、

北海道&東日本パス

 あった。

 JR北海道とJR東日本限定だけど、これなら乗車券を買いなおさなくても(特急料金を追加するだけで)特急にも乗れる。青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線も利用可能。これだけ至れり尽くせりで、料金は「7日間有効で10,000円」! これはお得!
 購入決定です!

③出発しよう!
 いよいよ出発当日。朝六時に家を出て、早朝の池袋駅(東京都豊島区)へ。
 まずはみどりの窓口(にある「指定席自動券売機」)で「北海道&東日本パス」を購入。
 準備はこれだけ。ここからはぶっつけ本番、あとは野となれ山となれ。突発鈍行旅行、見切り発車です!

 1駅目「池袋」を出発。まずは埼京線で「赤羽」(東京都北区)へ。
Cimg0792

 2駅目「赤羽」から、快速ラビットに乗って「宇都宮」(栃木県)へ。
Cimg0793

 3駅目「宇都宮」から、東北本線で「黒磯」(栃木県)へ。
Cimg0794

 4駅目「黒磯」から、同じく東北本線で「郡山」(福島県)へ。
Cimg0797

 おやおや? 前の席に座っている人が「北海道マップ」なる本を読んでいるぞ。まさか鈍行列車で北海道まで行くつもりなのか? なんて無謀な!(え
 そして、この時点で暇つぶしに持ってきた文庫本を読了。先は長いのに早くもやることがなくなりました。

 ふっふっふっ、では暇つぶしの秘密兵器を出すとしようか。
 それは、SONYの電子書籍リーダー「Reader」だ!

電子書籍リーダー“Reader”(リーダー)

 この小さなボディに、青空文庫が大量にダウンロード済みなのです。荷物にならない電子書籍万歳! 無料が嬉しい青空文庫万歳!

青空文庫

 そういえば、鳴り物入りで発売された電子書籍リーダーの数々は、商業的には苦戦しているようですね。かく言う私も購入したい本がなくて、読むのはもっぱら青空文庫。本が買われないと利益は出ない。私みたいな人ばっかりじゃ普及しないのも当然か。
 などと益体ないことを考えつつ……。

 5駅目「郡山」から、東北本線で「福島」(福島県)へ。
Cimg0798

 福島到着。次の列車まで一時間待ちなのを利用して、昼休憩に。
 そうだなぁ。せっかく福島に来たんだから、福島らしいものを食べたいよなぁ。そう思い、ふらふらと駅構内の食事処を探して歩きます。「福島らしいお店はどこ~?」と、ふらふら~と歩いてようやく見つけた店は、

新宿サボテン
Cimg0800

マクド
Cimg0801

 ……。

 そ、そうか! 駅構内を探すからいけないんだ。駅を出れば福島らしい店がたくさんあるに違いない。駅を出よう。そうしよう。ほら、さっそく店が見えてきたぞ!

ミスド
Cimg0799

 ……で、結局この日のお昼は、
Cimg0802

 いや、うん。おいしいよ。おいしんだけどね、サンドイッチ。うん……福島関係ない……。

 6駅目「福島」から、快速仙台シティラビットで「仙台」(宮城県)へ。

Cimg0803

 仙台到着。
 ここでも時間に余裕があったので、地元の親戚に配るお土産を買うことにしました。東京から戻るお土産に「萩の月」を買って帰りましょう。

 お土産を無事に購入。仙台から電車に乗ると、隣の席の男性二人がおもむろにPSPを取り出してモンハンをやり始めました。そこで私も暇つぶし用に持ってきたPSPを取り出して、「将棋が強くなる 激指 定跡道場」をプレイしはじめます。
 フフフ、はたから見たら三人でモンハンやってるように見えることだろう。乗客たちよ、まんまと騙されるがいい! フハハハ!<だいぶお疲れテンション

 7駅目「仙台」から、東北本線で「一ノ関」(岩手県)へ。
Cimg0805

 8駅目「一ノ関」から、東北本線で「盛岡」(岩手県)へ。
Cimg0807

 9駅目「盛岡」から、IGRいわて銀河鉄道で「八戸」(青森県)へ。
Cimg0808

 10駅目「八戸」から、青い森鉄道で「青森」(青森県)へ。
Cimg0810

 青森到着。辺りはすっかり夜。
 ここでみどりの窓口に立ち寄り、札幌行きの夜行列車「急行はまなす」の乗車券を購入。と言うか「北海道&東日本パス」を持っているので乗車券は不要、急行料金の1260円を追加で払えばOK。お得です!
 座席はもちろん、一番安い自由席。席に座り損ねたら札幌到着までの約7時間(夜11時~翌朝6時まで)立ちっぱなしになるので注意が必要です。

 とりあえず夜食にしましょう。せっかく青森に来たので「夕食は青森らしい食べ物を」と思い、駅を出てみます。駅周辺を探し回って、ようやく入ったのは青森らしいこの店!

吉野家
Cimg0812

 だって夜だからどの店も閉まってたんだよ! えーん!

 ――腹ごしらえ完了。
 さっそく急行はまなすに乗り込もう……。おや? 鉄オタには見えない一般旅行客が、はまなすの車体を携帯カメラで撮影しているのを発見。ブログやツイッターに写真をアップするつもりかしら。たしかにブログに掲載するならそういう写真は欲しいよね。
 よし、私も撮影しよう!
Cimg0814

 せっかくだから、先頭車両を前から写した絵も欲しいよね。
 さっそくホームをてくてくてくてくてくてく歩き、ようやく先頭車両へ。やはり旅行客がこぞって撮影していました。みんな考えること同じなのねー。

 ぱしゃり。
Cimg0816

 むむむ。フラッシュの光が反射してプレートの文字が読めないぞ。これじゃはまなすかどうかわからないじゃないか。どうにかして上手く撮れないものか……(何度も取り直す)……だめだ、何度やっても結果は同じ。文字がつぶれてしまう。
 時間ギリギリまで粘って撮影してみたけど、どうしても上手くいきませんでした。しょんぼり。
 仕方がないので諦めて車両に戻り、自由席に……。

 あれ? 席が空いてない? え? ひょっとして、満席? 私は札幌まで立って乗ることに……。

 おのれJR! なんと狡猾な罠を!(注:ででんがうっかりさんなだけです)

 席がないので、やむなく車両を連結する通路上で荷物を抱えて座り込む私。
 お盆だけあって列車は満席。私のように席に座れずあぶれた人が、通路にあふれています。通路はぎゅうぎゅう詰めでしゃがみこむこともままならない狭さ。しかも私の前にはワンカップを持った赤ら顔のおっさん。悪酔いおじさんはしきりと周囲の人に話しかけています。
 暑いよう、うるさいよう、揺れるよう、こんな状況じゃ眠れないよう。この体勢で一夜を明かすのは辛いよう。(TT)

 そんなこんなで「急行はまなす」、出発です。
 壁に両手をついて踏ん張りながら「酔っ払いおじさんうるさいよう」とテンションだだ下がりでいたら、やがて車掌さんがやって来ました。

車掌「切符を拝見」

 すると、それまで上機嫌だった酔っ払いおじさんがいきなり激昂。「席に座れないんだから切符を見せる必要はない!」と駄々をこね始めました。おやおや~。

 面白くなって参りました。<不謹慎

 結局、ひと悶着の末、車掌は一時撤退。「これからどうなるんだろうわくわく」と楽しみにしながら夜は更けていきます。<不謹慎

 11駅目「青森」から、急行はまなすで「札幌」(北海道)へ。
Cimg0817

 札幌到着。
 酔っ払いおじさんは到着するなりそそくさと電車を降りていきました。あれからどうなったのかが気になりますが、このときの私はおじさんを追いかける気力もありません。
 通路で体育座りしたまま一晩中うとうとしていた私は疲労度も最高潮。ふらつく足取りで(電車を降りても揺れている気がする……)みどりの窓口へ行き、特急オホーツクの切符を購入して(北海道&東日本パスでは特急には乗れないので、乗車券を別に購入。8290円也)、駅のベンチでようやくひと心地つきます。

 のどは渇くしおなかはすくし、だけど朝早いから店なんてどこも開いていなくて、かろうじて営業していたのはキオスクが一軒だけ。
「朝ごはんにカロリーメイトでも買って食べようかしら」
 と思ったものの、そこではたと考え直します。
 いや、今度こそ北海道らしいものを食べるんだ! 特急に乗れば車内販売があるはず! 北海道らしく海の幸山の幸が豊富な駅弁が売っているはず! 北海道の味を美味しくいただくために、ここは我慢だ!

 切符は自由席なので「今度こそ絶対に座る!」と執念を燃やして、列車に乗り込みます。首尾よく席に座れて一安心。あとは車内販売が来るのを待つだけです。
 駅弁を楽しみに待つ時間こそ、旅の醍醐味。重たい荷物をかごに乗せ、ゆったりシートに腰掛けて、リクライニングなんぞをいじりながら、車内販売が来るのを待

ぐー(爆睡)

車掌「切符を拝見」
わし「……はっ!」

 車掌に起こされて目が覚めました。あれ? 列車が動いてるよ? いつ出発したの?

車掌「切符を拝見」

 職務に忠実な車掌さんのおかげですっかり目が覚めました。
 危ない危ない、車内販売を逃すところだったぜ。切符を見せて、私は気持ちを引き締めます。さーて、車内販売はまだかな~。遅いな~。遅

ぐー(爆睡)

 ……はっ!?
 気配を感じて目を覚ますと、はるか前方にカートを押す売り子の背中が見えました。
 すでに通り過ぎている……。
 いやいや、きっと待っていれば戻ってくるさ。焦る必要はないさ。駅弁は逃げやしないから。その間に眠ったりしなければなっ!
 果たして、しばらくして売り子が戻ってきました。さっそく声をかけましょう。待ちに待った駅弁タイム!

わし「駅弁ください」
売り子「すみません、売り切れました」
わし「がーん!!」

 何でも、サンドイッチはまだ売れ残っているとのこと。うるせーよ、サンドイッチなんかいらねーよ! こっちは北海道らしい食べ物が欲しいんだよ!
 とやさぐれていると、カートに書かれている「北海道限定クリームチーズパン」の文字を発見。……北海道限定?

「そ、そのパンください!」

本日の朝食。
Cimg0819

 もぐもぐ。ほほぅ、これが北海道の味か。もぐもぐ。

 ……わびしい……。

 うむ。朝ごはんも食べたことだし、あとは北海道ののどかな景色を眺めながら、北見に到着するのをのんびり待

ぐー(爆睡)

 次に目が覚めたときには、もう北見は目と鼻の先でした。

 12駅目「札幌」から、特急オホーツクで「北見」(北海道)へ。
Cimg0820

 北見到着!
 突発鈍行(以外も含めた)帰省旅行、完遂です! ばんざーい!

 前日の朝6時に家を出て、北見到着は翌日の昼12時。トータル30時間、乗換11回、乗車賃19550円の旅……お疲れ様でした。(^^;

|

« 帰省 | トップページ | 8月のDVD鑑賞 »

コメント

いやぁ、そんなに楽しい思いをして帰郷されていたとは。
おじさん思うのですが、そう言う無茶な旅路は20代の頃にやるべきだと思うんだ(゜-゜)

投稿: エスト | 2011年8月21日 (日) 19時58分

エスト さんへ
>おじさん思うのですが、そう言う無茶な旅路は20代の頃にやるべきだと思うんだ(゜-゜)

まったくもって同感です。(え
だけど流行にも人生にも乗り遅れている私は、三十路を過ぎてからアクティブになってきたのです……。

年をとると、いろんなことが「まいっか」ですむようになるよね。(えー

投稿: ででん | 2011年8月21日 (日) 23時38分

> おじさん思うのですが、そう言う無茶な旅路は20代の頃にやるべきだと思うんだ(゜-゜)
無茶といえば、最近WIZ-ONLINEのために2徹したっけ…(笑)
若いやつらにゃまだまだ負けんっ!(笑)

> 今年はどうにも仕事が忙しくて帰省できない……予定でした。
ででん氏の仕事は場所を選ぶのか?(笑)
俺様の仕事は場所を選びませんよ?

投稿: やくも | 2011年8月22日 (月) 19時31分

やくも くんへ
>若いやつらにゃまだまだ負けんっ!(笑)
お若いですなぁ。もう徹夜もキツい年齢デスヨ。

>ででん氏の仕事は場所を選ぶのか?(笑)
実家はインターネットが通っていないのが致命的なのです。(^^;

投稿: ででん | 2011年8月22日 (月) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰省しよう!:

» 電子書籍 電機各社てこ入れ [時々時事爺]
今は時期尚早じゃね [?/]鶏が先か卵が先かってことになるけど、タブレット普及させるのだ先で、結果として電子書籍もいかが?って戦略が必要なんじゃねーの [?/]他国より進化したケータイやスマホが普及す...... [続きを読む]

受信: 2011年8月21日 (日) 22時16分

« 帰省 | トップページ | 8月のDVD鑑賞 »